私が青汁飲んで実感したこと

私が青汁飲んで思ったことや感じたことについて書きたいと思います。

以前の私は、青汁について少々癖があり、飲み続けにくいのではという印象を持っていました。
しかしあるきっかけで、青汁のサンプルを飲みました。つづけて家族が青汁に興味を持ち一度買って試してみようと購入しました。

飲んでみた感想について

一口目、恐る恐る飲んでみると、イメージしていたよりも飲みやすく、素材の味が濃いという印象はありました。
飲み方についても、直接飲む方法と牛乳などと一緒に混ぜて飲む方法も試してみました。すると味のバリエーションも増えてとてもよかったです。

飲み始めて1週間くらいはあまり大きく変わった印象はありませんでした、便通は良くなった感じはあります。
大体、朝に一杯のむ習慣で私は飲んでいました。二週間たったころくらいから、体調の変化を感じてきたのです。

身体が以前に比べて、重い感じが取れ軽くなりました、便通も良くなり肌のつやや、今まではあまり意識していなかった体重も減ってきました。
2~3週間で約2キロほどは落ちたと思います。

現在では、半年ほど飲み続けています、毎日欠かさず飲むように意識はしていますがたまに飲み忘れる場合もあります。
その時は、飲んでいないと落ち着ない気持ちになるので、帰宅してから飲んだりしています。

最近では、市販のフルーツ系を混ぜてある青汁飲料も飲み始めました。

こちらは、ジュース感覚で飲みやすいです、
しかし、原料のケールや大麦若葉などがあまり含まれていないようなので、最終的には、青汁のほうをメインで飲んでいます。

夜の簡単スキンケア

スキンケアって正直いうと面倒な所もあります。
毎日遅くまで働いていたりすると、夜のスキンケアになかなか時間がかけにくいですよね。
でも、肌の潤いやハリ、美白などは気にかかる…と思い、実践したのが、毎日のお風呂上がりのデイリーパック。高級なものでなくて、30日とか28日分とかで入っていて、1000円程度のもので充分です。

とにかく、夜の洗顔後に水分をやさしく拭き取ったら、こうしたパックを3~5分します。パックをし始めた当初は、子どもとお風呂に入った後、子どもの身仕度をしている間につけていたのですが、少しやり方をかえて、お風呂での洗顔後、水分を拭き取ってすぐにつけるようにしたのです。子どもと湯船に浸かりながら。すると、お風呂の湿気もあって、保湿力が格段に上がりました。まだ、使った後のパックをコットン大くらいに折って、お尻の保湿に使ったら、お尻の肌もシミがなくなったりしてきました。
パックの後は乳液やオールインワンゲルなどで、しっかり潤いを閉じ込めれば完璧なスキンケアが簡単にできますよ!
パックをするようになってから本当に大切だなと感じているのは徹底的な保湿です。夏の湿気の高い時でもクーラーのきいた部屋などにいると乾燥しますからね。継続してケアを続けられるかどうかが数年後の老化の進行具合に大きく関わっているんだなと感じてます。

セルフカラーのアフターケア

髪色を変えると気分転換になっていいですよね。
私も学生の頃から茶髪にしたり黒髪にしたりと髪色で色々と遊んできました。
普段は基本的に美容院で染めてもらうことが多いのですが、美容院だとちょっと高いしなあと思う時は、自分で染めるようにしています。

最近のカラーリングは自宅でも簡単にきれいにできるものが多くていいですよね。季節も秋になってきたので、先日自宅でピンクベージュに染めました。
私のお気に入りは泡で染めるタイプ。
ふわふわの泡を髪になじませるだけなので、ムラなくキレイに染まります。
発色よく染めたい場合は、30分位置くと根本から毛先までかなりキレイに染まりますよ。泡もこれでもかってくらいまんべんなくつけるのがポイントです。

美容師さん曰く、泡タイプのセルフカラーはとっても髪を痛めてしまうそう…。
私も分かってますけど、自分で染めるのも楽しいのでやめられません。
なので、染めた後のトリートメントを徹底的にするようにしています。
よく商品と一緒にトリートメントがついてますよね。
もちろんそれを使いますが、次の日以降も丁寧にトリートメントするようにしています。ヘアオイルもカラーリングした髪用のものを使っています。
すると、髪の傷みも最小限に抑えて色も長持ちしますよ。

ヘアトリートメントのこととか書いてみようかな^^

ロングヘアなのでダメージを最小限に抑えるべく、ヘアケアにも力を入れています。特に習慣化させているのが、2、3日に1回のヘアトリートメント。特に髪がパサパサしている時は、シャンプー前にヘアトリートメントをしてシャンプー後にもヘアトリートメントをするようにしています。

髪の毛は体の中でも一番太陽に近いので、紫外線のダメージを受けやすく、パサパサになりがち。ダメージを補修して潤い補給するにはシャンプーだけではできないので、ヘアトリートメントをプラスするんですが、1週間に1回10分のヘアトリートメントをするよりも、1分で良いの週に2、3回ヘアトリートメントをしたほうが効果があると思います。ヘアトリートメントの時間を長くすると、その分手間が掛かるので何となくヘアケアが億劫になりがち。それよりも短時間で良いのでシャンプーのついでくらいの感覚でヘアトリートメントを実施して、その頻度を高めたほうが美髪に近づくような気がします。

また、トリートメントを使わない場合はなるべく市販されている安いシャンプーはあまり使わないようにしています。なんだかんだで値段がするものはイイ成分が含まれていて髪や頭皮にも優しい気がします。

はげに効く薬

うちの主人は最近頭皮を気にするようになって来ました。義父は頭がかなり薄いので、自分もそうなるだろうと思っているようです。実際に、昔の写真と比べてもだいぶおでこが広くなり、頭頂部も目立って来ました。

いつも行っている床屋さんで、個人輸入したらしい薬の存在を知り、早速分けていただいてきました。小さな粒ですが、それでも強烈なようで、一日半分だけ飲めばいいそう。数ヶ月欠かさず飲んでいた主人ですが、本当に毛が生えて来ました。それも、頭頂部だけではなく身体のあちらこちらの体毛まで濃くなってきたんです。

主人は勿論喜んでいましたが、私は心配でした。どう見てもそれは不自然に思えたからです。そんな頃、主人の会社で健康診断がありました。その採血結果を見て納得です。昔から1年に2回は受けている健康診断の採血で目立った問題は一度もでたことが無かった主人が、今回は腎臓や肝臓など、いくつかの数値が明らかに悪化しています。あの薬のせいに違いないと確信した私は、主人から取り上げました。

それからはまだ健康診断を受けていないので分かりませんが、しばらくしたら薬が体から抜けてきたのかまた頭頂部などの毛が薄くなってきました。

主人には毎回、しっかりと髪の毛の成分になる食材を食べて健康に注意していれば自然な形で毛は生えるのよ、と言っているのですが、簡単なほうに流されてしまうんですね。それに、私はどんなに禿げてしまっても、主人は主人。変わりないのにな。と思うし、口に出して言うのですが、私には分からない男心があるんでしょうね。

カテゴリー: diary |

なんとなく体のためにしていること

健康のことを考えて軽い運動を習慣にしたり、食事に気を遣ったり、いろいろなことをしています。そういう続けている事の一つに青汁があります。飲み始めたのは、私自身が便秘と下痢を繰り返している状態であり、そういう面を改善したかったのと、忙しいときは気を遣っていてもやっぱり食事が不規則になりがちで、そういう時に栄養面を補えればと思ったのがきっかけです。

青汁と言えば一昔前は不味いものであるというイメージが強かったのですが、飲んでみると不味くない。私が飲んでいるものは抹茶風味で、抹茶が好きな方はむしろ美味しいと感じるかもしれません。私の場合も抹茶が好きで抹茶アイスや抹茶のチョコレートなど好きで買って食べたりするくらいなので青汁はむしろ美味しいです。

効果については、便通は徐々に正常に近づいてきている気がするかな?といったところです。夜飲んでおくと、朝食後にトイレですっきりできる感じです。これを飲んで下痢をするということもない。青汁もいろいろ種類があり、まず寒天が入っているものと入っていないものがあるんですよね。私の場合は寒天が入っているものだと下痢をしてしまったのですが、寒天の入ってない青汁に替えてみるとそういったことは全くなくなりました。なので便秘が酷い方は逆に寒天入りの物の方がいいのかもしれませんが、下痢をしやすい方は寒天が入っていないタイプの青汁がいいと思います。

他の健康面の効果については、まず肌荒れがしにくくなったと感じました。ちょっと忙しいと小さい吹き出物ができたりしやすかったのですが、そういうことが起きにくくなりました。なのでこれを飲んでいれば安心、と思えるところがあります。

薬ではなく食品であること、また値段も安価であるので続けやすいというのも今まで続けられているポイントですかね。この他に試したものだと、えがおの青汁。こちらはとても飲みやすくて子供でも普通に飲めたくらいです。参考になるサイトがありましたので紹介しておきますね。

アイブロウは難しいです

私は、昔から眉毛が薄いのです。
しかもまばらに生えている感じで、自分の眉毛があまり好きではありません。

ですから、そのままでいる事は絶対できませんので「アイブロウ」を使用しているのですが、私はあまり眉毛を描くのが得意ではないのです。

メイクに関する本などを読み、「眉山をどこにすれば良いか」「眉尻はどこまで描けば良いか」など本を参考にしてはいるのですが なかなか上手くいきません。

そして修正しているうちにどんどん眉毛が太くなってしまいます。

人によっては眉毛が綺麗に生え揃っている方もいて、本当に羨ましい限りです。

メイクをし始めた頃は、実は私はアイブロウをしていなかったのです。
そうしますと、知人に「あなた、眉毛を描いたほうがいいわよ」と言われてしまい、メイクをした顔ですと私の眉毛は本当に薄いんだなぁと痛感しました。

私はメイクのプロではありませんので詳しい事はわかりませんが、人の顔は「眉毛」によって多少 表情が変わるような気がします。ですので なんとか今からでも上手く描けるようになりたいです。