夜の簡単スキンケア

スキンケアって正直いうと面倒な所もあります。
毎日遅くまで働いていたりすると、夜のスキンケアになかなか時間がかけにくいですよね。
でも、肌の潤いやハリ、美白などは気にかかる…と思い、実践したのが、毎日のお風呂上がりのデイリーパック。高級なものでなくて、30日とか28日分とかで入っていて、1000円程度のもので充分です。

とにかく、夜の洗顔後に水分をやさしく拭き取ったら、こうしたパックを3~5分します。パックをし始めた当初は、子どもとお風呂に入った後、子どもの身仕度をしている間につけていたのですが、少しやり方をかえて、お風呂での洗顔後、水分を拭き取ってすぐにつけるようにしたのです。子どもと湯船に浸かりながら。すると、お風呂の湿気もあって、保湿力が格段に上がりました。まだ、使った後のパックをコットン大くらいに折って、お尻の保湿に使ったら、お尻の肌もシミがなくなったりしてきました。
パックの後は乳液やオールインワンゲルなどで、しっかり潤いを閉じ込めれば完璧なスキンケアが簡単にできますよ!
パックをするようになってから本当に大切だなと感じているのは徹底的な保湿です。夏の湿気の高い時でもクーラーのきいた部屋などにいると乾燥しますからね。継続してケアを続けられるかどうかが数年後の老化の進行具合に大きく関わっているんだなと感じてます。

セルフカラーのアフターケア

髪色を変えると気分転換になっていいですよね。
私も学生の頃から茶髪にしたり黒髪にしたりと髪色で色々と遊んできました。
普段は基本的に美容院で染めてもらうことが多いのですが、美容院だとちょっと高いしなあと思う時は、自分で染めるようにしています。

最近のカラーリングは自宅でも簡単にきれいにできるものが多くていいですよね。季節も秋になってきたので、先日自宅でピンクベージュに染めました。
私のお気に入りは泡で染めるタイプ。
ふわふわの泡を髪になじませるだけなので、ムラなくキレイに染まります。
発色よく染めたい場合は、30分位置くと根本から毛先までかなりキレイに染まりますよ。泡もこれでもかってくらいまんべんなくつけるのがポイントです。

美容師さん曰く、泡タイプのセルフカラーはとっても髪を痛めてしまうそう…。
私も分かってますけど、自分で染めるのも楽しいのでやめられません。
なので、染めた後のトリートメントを徹底的にするようにしています。
よく商品と一緒にトリートメントがついてますよね。
もちろんそれを使いますが、次の日以降も丁寧にトリートメントするようにしています。ヘアオイルもカラーリングした髪用のものを使っています。
すると、髪の傷みも最小限に抑えて色も長持ちしますよ。